僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)

僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)
 マリアの姉が妹!? 全巻の衝撃からのこの4巻。 はがないらしいといいますか・・・夜空についてはやけにあっさりとしていました(笑) 4巻はマリアの姉が出てきたり、星奈の家に泊まったり、王様ゲームをしたりします。 理科の伏線も何個か張ってあり、そのほかにも伏線が・・・はたして回収できるのでしょうか? ただあのコンドームはどうなるのだろうか? 次巻は星奈中心の話になりそうです。(amazon.co.jpレビューより)

スポンサーサイト

猫物語 (黒) (講談社BOX)

猫物語 (黒) (講談社BOX)
 異形の羽の正体。 時系列としては傷物語「こよみヴァンプ」と化物語(上)「ひたぎクラブ」 の間に入る物語です。   以前より、「羽川はゴールデンウィークに猫に魅せられた」といった 描写が各所にありましたが、そのゴールデンウィークの出来事が 綴られています。   と言っても最初の四分の一は小さな妹・月火との会話劇が中心です。 まだ八九寺が登場する前の物語であるため、月火に白羽の矢が立ったの だと思いますが、相変わらず小ネタが満載であり、笑ってしまいます。   その後、本格的に「つばさファミリー」に入るわけですが、 徐々に羽川という存在の凄まじさに圧倒されます。 また、暦と忍野の会話により、羽川の両親の視点も入れることで、 奥行きのある作品になっていると感じました。   時系列が偽物語まで進み、またアニメも全15話が終わったところなので、 「今から前日談となると、色々な矛盾が生まれるのでは?」と危惧して いましたが、さすがは西尾維新さん。ギャグとして先の出来事を 入れることはあっても、ストーリーとしては繋がっています。   暦、羽川、忍野、そして吸血鬼幼女(後の忍)の活躍が見られる本作。 物語シリーズのファンであれば、確実に楽しめると思います。(amazon.co.jpレビューより)

とある魔術の禁書目録 21 (電撃文庫 か 12-25)

とある魔術の禁書目録 21 (電撃文庫 か 12-25)
 大天使VS多角勢力 引き続き第三次世界大戦の話。 前巻で上条さんに殴られた一方通行は、ここに来て精神的に大きく成長したらしい。 善悪にこだわらず、ただ打ち止めを救うためだけに動く。   大好きな一方通行の成長もいいが、この巻の一番の見どころは、 再臨した『神の力』ミーシャ・クロイツェフとの戦い。 前巻ではバラバラに戦っていた各勢力が、大天使に挑む姿は最高に熱かった。 わかりやすい共闘をしていたり、一矢報いた結果が援護になっていたりと何転もしていた。   しかし、そんな戦いに参戦できるはずのないリア充・浜面は、またまたロシア軍と喧嘩に。 それをなんとかかんとか乗り切った後、どうなったかは読んでからのお楽しみで(ヒント:表紙)。   まだ戦いは終わらないけど、少しずつ敵は絞られてきてる。 唯一残念だったのは、やっぱり美琴は蚊帳の外気味なことかね~。(amazon.co.jpレビューより)

鎌池 和馬、絵・凪良 『ヘヴィーオブジェクト採用戦争』 (電撃文庫)

ヘヴィーオブジェクト採用戦争 (電撃文庫)
相変わらずの馬鹿さと無茶ぶりのコンビ! 怪物兵器「オブジェクト」に挑む二人の少年の物語。第二巻となる今回は、南極からアマゾンまで前巻よりもさらに過酷な環境下での戦いがメインです。一人一人の人物像がやや希薄と思われた前回とは違い、それぞれの抱えるものや背景が垣間見えてきたりもします。特にフローレイティア。ドSな性格でクウェンサーとヘイヴィアをこき使う彼女ですが、かなりヘビーな問題も抱えています。ヘイヴィアについての伏線もあるようですし、ますます作品に引き込まれていきました。 しかし、戦場で軽口を交し合うクウェンサーとヘイヴィアが自分はつぼですね。「仮にも戦場にいるのだから、そこんところどうなの?」と思う人もいるでしょうが、自分はこの作品の魅力の一つだと思っています。次から次へと出ますからね。発言の馬鹿さ加減もいい。特に、クウェンサーの「ババロア」発言は、ガチで笑いました。 素人なりに思うこの作品の面白さって、「熱さ」と「戦略」だと思うんですよね。絶望的な状況に対し、「絶対諦めない」という熱い想いを抱き、それを実行するために、必死に頭をめぐらせる。これらのバランスが丁度いいと思うんですよね。この作者の作風のようなものでしょうか。まぁ、禁書の上条さんは、根性値高すぎですが。普通だったら、何回死んでいることやら・・・ お姫様ことミリンダは、今回は(も?)影が薄かった気がします。生身の人間がオブジェクトに立ち向かうのがこの作品の
テーマですから、オブジェクトの操縦士「エリート」である彼女の出番が少ないのも頷けますけどね。今後はもっと話に絡んで欲しいと思います。次回にも大きな期待を込めて、星五つにさせてもらいます。(amazon.co.jpレビューより)(楽天で見る)

鎌池和馬(かまち かずま)のプロフィール・作品一覧

電撃文庫 全作品一覧・作品目録

鎌池 和馬、絵・凪良  『ヘヴィーオブジェクト』  (電撃文庫)

ヘヴィーオブジェクト (電撃文庫)
実に……実に残念です………。 この本を手に取った今現在、続巻がまだ出ていない事が!! 久し振りに“面白い”作品に出会えました! 内容はいたってシンプルで“巨大兵器と少年少女”です。ワン○と巨像みたいなバランスの相手と主人公は戦ってくれます。 しかし、今回は同著者の『禁書目録』の主人公のような便利な能力はなく、代わりに銃器とC4爆弾より強力な爆薬で応戦します。 核兵器にも耐える相手に。 しかも歩兵用の対人兵器から空母を沈められる主砲までを備えた兵器相手にです。 そこで主人公は頑張って破壊する方法を探すのですが、正直、凄まじい緊張感と駆け引きの頭脳戦を期待してはいけません。 ノリでいうとハリウッドの娯楽映画みたいなノリです。 軽口をぽんぽん飛ばしながら大砲着けた核シェルターみたいな奴相手に必死で死に物狂いで戦っている主人公達を見ると、ハラハラしながらクスクスしてワクワクします。 あぁ!とても次巻が待ち遠しい。新シリーズらしいので、早く彼らの軽口を読みたいです。願わくばもう少しヒロイン(?)を会話に参加させて欲しいかも。(amazon.co.jpレビューより)(楽天で見る)


鎌池和馬(かまち かずま)のプロフィール・作品一覧

電撃文庫 全作品一覧・作品目録

滝沢乃南 MADE in AKIBA [DVD]

滝沢乃南 MADE in AKIBA [DVD]
 期待が大きかっただけに  期待していた手ブラ、全裸でのシャワーブ、レズシーンなどは、大したことありませんでした。アングルが悪いうえに、シーンも短いです。ほんとにがっかりです。  ほとんどのシーンで、メイドの格好をしており、全体的な露出度を考えれば、むしろ前作「白桃郷」より低いのではないかと思いました。(amazon.co.jpレビューより)
(楽天市場で見る)

滝沢乃南(たきざわ のなみ) のプロフィール

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈5〉 (電撃文庫)

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈5〉 (電撃文庫)
内容: 8月31日。一方通行はその日、路地裏で不思議な少女と出会った。そいつは、どこかで見た顔で―。御坂美琴はその日、学生寮の前で男子生徒からデートに誘われた。そいつは超さわやかなヤツで―。上条当麻はその日、自宅で不幸な一日の始まりを感じた。なぜなら、夏休みの宿題を全くやっていないことに気づいて ―。8月31日。学園都市の夏休み最終日。それぞれの物語が幕を開けた―!鎌池×灰村コンビが放つ大人気学園アクション第五弾登場。
 (「BOOK」データベースより)

レビュー: 御坂ツンデレモード全開 今回はミーシャ(サーシャ)さんの出てくる4巻を飛ばして(救済企画あり)5巻の内容に。もちろん土御門の正体も明かされぬまま… まあ、内容自体は原作に忠実でよかった。アニメでは飛ばされてしまった闇咲も出てきたし(良かったな闇咲)。 しかし、あとがきであと半年で終わると言う衝撃の事実を知った(どこで終わるんだ?)。確かに、これを見れば飛ばされた巻があったのも頷ける。 だが、そしたら超電磁砲の方も終わっちゃうのか?いや、そんなことは無いはずだ(そうであってくれ)。(amazon.co.jpレビューより)(楽天で見る)

鎌池和馬(かまち かずま)のプロフィール・作品一覧

電撃文庫 全作品一覧・作品目録

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉 (電撃文庫)

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉 (電撃文庫)
 おもしろかった。 まず、私は原作もアニメも見ていません。 そんな自分はこの巻も非常に楽しんで読み終えることができました。 主人公はなかなかに魅力のあるやつだし、設定も少年漫画的で惹かれます。 今巻では絶対的な能力を持つ敵に対してのバトルは圧巻でした。絵が綺麗なため ごちゃごちゃしてしまう戦闘シーンも分かりやすく良かったです。 ただ、なーんかあっさりしてるなぁとも感じました。 単行本2冊で各章を終えるようにしたいのかもしれませんが、他のレビュアーの方が言うように原作がそれほど面白いのなら多少話数が伸びてもあと少し掘り下げていれば誰もが認める作品になっていたのでは、と思いました。 なにはともあれ、個人的に先の展開が気になる漫画のひとつです。 次の章はどんな話なのかとても楽しみです。 まぁおまけのあとがきが無かったのは残念でしたね…… 次巻はあることを祈っています。(amazon.co.jpレビューより)(楽天で見る)

鎌池和馬(かまち かずま)のプロフィール・作品一覧

電撃文庫 全作品一覧・作品目録
FC2カウンター
プロフィール

siholove

Author:siholove
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事一覧
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR